< 大阪教室 >

ご訪問ありがとうございます。

生活にお香を取り入れた豊かな生活をご提案。

ちいさな香房からお伝えする 香司の桑村和子です。

 

端午の節句も終わってしまいましたが、今回は端午の節句に欠かせない<柏餅>についてまとめてみました。

 

端午の節句に欠かせない食べ物と言えば「粽(ちまき)」と「柏餅」

粽は中国から伝わった食べ物ですが、柏餅は日本発祥の食べ物になります。

 

柏餅が日本で食される様になったのは江戸時代のことです。

柏は昔から神聖な植物とされ、新芽が育つまで古い葉が落ちないことから

 

「子供が出来るまで親は死なない」

「絶えず世代をつないでいく」

「子孫繁栄」

 

と、いう理由で端午の節句に柏の葉でくるんだ餅「柏餅」が縁起物として食される様になったと言われています。

 

そこで、今年は子供達と初めて柏餅づくりを楽しんでみました♪

 

柏餅

上新粉・白玉粉・片栗粉・砂糖をまぜて蒸し、餅を作り、餡を包みます。

さらに蒸して柏の葉を巻き完成!と案外、作業工程は短く簡単です。

 

子供達が餅をまとめると丸くなったりぺったんこになったり、中には餃子の様な形になったりと成形が難しく、出来上がった柏餅はいびつな物がほとんど・・・

 

写真の柏餅はまだ形が良い物を選んで撮っています・笑

 

でも、子供たちがすごく楽しそうに作っていたので、これからは毎年手作りしていきたいと思います(^^)/

 

余談ですが、地域によっての違いもあります。

 

関東は「柏餅」

関西は「粽」

 

を食べるのが主流のようです。

ちなみに我が家は、毎年どちらも美味しくいただいています♪