ご訪問ありがとうございます。

ご供養から趣味のお香まで幅広くお伝えする

ちいさな香房なごみ東京教室 草崎浩子です。

 

 

残暑お見舞い申し上げます。

日々、命の危険を感じるほどの暑さ。

残暑とはいえない感じがしますが、季節は秋へと向かっています。

 

 

さて、今回ご紹介するのは「焼香~しょうこう~」です。

ご葬儀や法事の際、細かいお香を香炉にパラパラと落とすアレです。

一度は経験したことがあるとは思いますが、意味合いをご存知ですか?

簡単にざっくりお話しすると・・・

 

 

もともと仏教において「香」を焚くこと。

特に仏様・亡くなられた方に対しお香を焚いて拝むこと。

つまり「供養」の意味があり、お香を焚く「動作」のことです。

親指・人差し指・中指の三指でつまむ所作・作法については宗派によって異なります。

 

 

そして焼香はいくつかの香原料をブレンドして作られるのですが、ブレンドする香原料の数によって

「五種香~ごしゅこう~」

「七種香~ななしゅこう~」

「十種香~じゅっしゅこう~」

と、呼ばれ販売されています。

 

その他にも様々な焼香があり、現在に継承されています。

 

 

そんな焼香。

この度、お母様の一周忌に合わせ使いたいと、ご依頼をいただきました。

 

 

香りのイメージ・生前のお母様のこと・どんな思いがあるのかなど、お話しを伺い、ご希望に添えるよう、気持ちを込めて調合させていただきました。

 

 

何度か打合せなどをし、先日無事にお渡しすることが出来ました。

ご満足いただけたようで安堵しているところです。

 

 

 

なごみではご自身が作る講座・ワークショップ以外に、製作品についても承っています。

焼香・線香・部屋香・匂い袋・薬玉など・・・様々なお香を製作いたします。

ぜひお気軽にお問合せ・ご相談ください。

 

お問い合わせ